2017年05月28日

読まず嫌い

ミステリー小説が苦手なんですが、
東野圭吾さんの本『虚ろな十字架』を読んでみました。

物語にのめり込み、そして、支配されました。
プロローグが悲しい。

ネタバレどんっ(衝撃)になってしまうので、この辺で止めておきますね。
じっくりと読むのにお勧めの作品です。
ブログの最初の一文、撤回します!

posted by 横山珠夢 at 20:52| Comment(0) | 雑談